中国製品のメラミン汚染

超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入

中国製乳製品から化学物質メラミンが検出された問題は、輸入・販売を全面停止する動きが世界各国で広がっているようです。また、香港では食品世界最大手ネスレの中国現地法人で製造された業務用牛乳からメラミンが検出され、ネスレ製品の撤去が始まったもようです。
さらに、台湾では乳製品ではない植物性粉クリームからも微量のメラミンが検出され、禁輸の範囲を乳製品から植物性たんぱく製品まで拡大しました。
一方、日本でもスーパーでの関連商品の回収・撤去が始まっており、今後も被害が拡大していくものと思われます。
中国では数万人の被害が出ていますが、メラミンが混入した粉ミルクを飲んだ乳児が腎臓結石などになった問題で、製品からメラミンが検出された「伊利」「蒙牛」「光明」などメーカー21社は、被害者への賠償や再発防止策を盛り込んだ「品質安全誓約書」を中国政府に提出しました。

メラミンとは

有機化合物で、構造の中心にトリアジン環を持つ有機窒素化合物の一種で、ホルムアルデヒドとともに、メラミン樹脂の主原料とされています。
生産されるメラミンのほとんどが合成樹脂用に利用されます。メラミン樹脂は耐熱、耐水、機械強度などの点で優れ、工業的に大量に製造されています。
メラミンのラットでの経口投与による半数致死量(LD50)は 1-3g/kgで、メラミン自体の急性毒性は比較的低いようです。
食料自給率が40%の日本では、輸入に依存している食糧事情から、当該汚染原材料が輸入されて食品製造に使用されることが最も気がかりな点です。厚生労働省はFDA等の公表を受けて、検疫所に中国産植物性タンパクに関する監視の強化を通知しています。

スポンサードリンク